ブログ

「さしすせそ」の話 番外編~油~

2021.08.31

  今日は、「さしすせそ」のお話の「番外編」

「油」についてお話してみたいと思います。

 

❁ ❁ ❁ ❁ ❁ ❁ ❁ ❁ ❁ ❁ ❁ ❁ ❁ ❁

のうカフェオーナーのプロフィールはコチラから

さしすせその

「さ」=砂糖についてはコチラから

「し」=塩についてはコチラから

「そ」=味噌についてはコチラから

番外編「油」についてはコチラから

❁ ❁ ❁ ❁ ❁ ❁ ❁ ❁ ❁ ❁ ❁ ❁ ❁ ❁

 

今回の内容はこんな感じ。

①アブラカタブラ「油」学。

②トランス脂肪酸ってなに?

③圧搾一番搾りがなぜいいか?

結論から言うと、「いい油を摂りましょう!」ってお話です。

 

①アブラカタブラ「油」学。

( ´艸`)スミマセン、へんなタイトル下りてきました。

アブラと言えば、字は「油」ですが、

こちらも「脂(アブラ)」です。

あれ?

違いはなんだろう?

「油」は常温で液体のもの、

「脂」は常温で固体のものを表しますよ。

あー、確かに!

「油」は「さんずい=水」を表しますし、

「脂」は「にくづき=動物」を表しますものね。

脂は、動物性ということになりますね。

二つ合わせて「油脂」です。

油の歴史は、とっても古くて

古代エジプトでピラミッドに痕跡が認められ、

日本では、日本書紀(3-4世紀)に植物性油の記述があるそうです。

ゴマやえごま、綿花油などから搾り取った油は、

とーっても貴重なものであり、

ほぼ灯油(ともしびあぶら)として利用されていました。

えっ!?灯(あかり)用??

そうなんですよ。

行燈(あんどん)の油でございます。

夜な夜なキツネがチビチビなめるやつ。古っ!!

実は、食用としての歴史はとっても浅いのです。

江戸時代に生産・消費が大きく伸びたとはいえ、

食用の比率はとても低く、

一人当たりの(灯・食用合わせて)年間消費量7Lほど…。

大正時代に大規模な製油工場ができ、

昭和になって洋食化が加速し、

油の消費が増えていきました。

現在は、食用だけで約8L弱/1人の消費量となっています。

長ーい歴史のうちの、

ほんの短期間でのものすごい伸び率だとわかりますよね。

 

②トランス脂肪酸ってなに?

最近、トランス脂肪酸の害について耳にしませんか?

トランス脂肪酸について、少し解説していきましょう。

化学的に説明すると、

油脂は、脂肪酸、グリセリンの化合物です。

脂肪酸は、飽和脂肪酸、不飽和脂肪酸に分けられます。

聞いたことあるかな?

飽和脂肪酸は、主に動物性。

不飽和脂肪酸は、主に植物性脂肪に多く含まれます。

さらに不飽和脂肪酸には、分子レベルの配列が「シス型」「トランス型」があり、

そのトランス型をトランス脂肪酸といいます。

うーん、頭が混乱してきましたね。

え?でもでも、

植物性脂肪の方なら、身体にいいんじゃないのかなぁ…

大切なのは、このトランス脂肪酸は

天然のものにはほとんど存在しない!ということ。

「加工された油」に多く含まれています。

「加工された油」とは、、、

植物油や魚油を原料に、常温で半固形~固形に加工するために、

水素を添加して作られる人工油です。

食品でいうと、

「マーガリン」「ファットスプレッド」「ショートニング」。

そして、それらをつかったケーキ、パン、ドーナツなどの洋菓子、

外食産業やファーストフードの揚げ物など。

無味無臭で、「さっくり」「パリッ」と仕上がるのが特徴です。

何が悪いかというと、

悪玉コレステロールを増やし、動脈硬化を進め

心筋梗塞や脳梗塞の危険性を高めます。

その他、

免疫機能の低下、

アレルギー疾患の増加、

発がん性のリスク、

認知症・糖尿病

などの関連が疑われています。

現代病のオンパレードではないですか。

諸外国では、その危険性は早くから指摘されていて、

デンマークでは、2003年に使用禁止、

アメリカのニューヨークでも2007年に、

トランス脂肪酸を含む油脂の使用が禁じられています。

日本では、2021年になっても使用や表示の義務付けがありません。

大企業の利権の問題でしょうか?

なので、

ここ日本で安全な食品を摂取するためには、

消費者が賢くなる他ないのです。

お手軽なスナック菓子やケーキ類、

ファーストフードやコンビニ弁当、

もっと言えば、

コス〇コのケーキとかさ(*´Д`)

マッ〇のポテトとかさ”(-“”-)”

クリームたっぷり、ふわトロデザートなどなど、

トランス脂肪酸まみれなんです。

こういう便利で安い商品には、手を出さない努力が必要です。

まずは、品質表示を見て比べる、そんな癖をつけましょう。

 

③圧搾一番搾りがなぜいいか?

こちらは(写真はHPより引用)、

熊谷市にある米澤製油(株)さんのなたね油。

昔ながらの圧搾一番搾りで作られています。

パルシステムを利用していた時には、

圧搾一番搾りのなたね油は、九州からのお取り寄せでした。

なので、まさか

同じ市内で圧搾一番搾りの油が手に入るなんて!!

奇跡かと思いました。

圧搾一番搾りの油が、どんな風に作られているかというと、

まず、菜種を焙煎して→粉砕し→圧力をかけて絞ります。

黄金色のなたね油がしたたり落ちています。

(写真は、2017年に工場見学をさせていただいたときのもの)

一方、一般的なサラダ油は、

原料の菜種や大豆(ほとんどが遺伝子組み換え品)を

焙煎、粉砕したのちに、

ノルマルヘキサンという

有機溶剤(ベンジンやシンナーの類)を混ぜ、

有機溶剤に油分をむだなく溶かし込み、

その後、溶剤を揮発させて油分を取り分けています。

次に、取りだした油から、不純物を取り除く際に、

リン酸や苛性ソーダ、活性白土などの化学薬品を使いますが、

米澤製油では、お湯のみ。

湯洗い洗浄法できれいにしています。

とってもわかりやすい図解は米澤製油(株)のHP

 

どうですか?

市販の手ごろなサラダ油は、

遺伝子組み換え原料や化学薬品をたくさん使って、

精製されているんですね。

むだなくたくさん作れて、

真っ白いきれいな油に仕上がりますが、

本当に本当に安心で安全なのか、心配になります。

 

肝心な味わいですが、

圧搾一番搾りのなたね油は、

あっさりと軽くて、胃もたれしにくい油です。

のうカフェのドレッシングの油ももちろんコレです。

脂質は3大栄養素の一つ。

質のいい油を少しだけ摂る、ということです。

ぜひこだわってみてください。

今の投資は、未来の自分(身体)への投資。

決して、高くはありませんよ。