ブログ

のうカフェのこだわり ⑤栄養バランスがよい

2022.08.15

のうカフェのこだわり ⑤栄養バランスがよい

 

のうカフェでは、

母めしという一汁三菜(+一品)の和定食を提供しています。

割烹料理のようなかしこまった和食ではなく、

各家庭で日常的に食べられている素朴な母さんご飯です。

和食は、2013年に世界文化遺産に認定されました。

 

実は、世界遺産に認定されている「和食」、

これもまたかしこまった「料亭の和食」ではなく、

地域性に富んだ、各家庭で伝承された、

家庭料理や郷土  料理、行事食などをさしています。

食文化そのもの、なのです。

 

 

和食の特徴の一つにあげられているのが、

〇健康的な食生活を支える栄養バランス

 

だしの文化を大切にしている和食は、

魚や野菜が多く使われ、

一方、動物性油脂が少なめで、

日本人の長寿や肥満防止に役立っています。

 

カロリー少なめ、

高たんぱく、

食物繊維たっぷり、

といったところでしょうか?

 

そして厚労省が推奨している、

生活習慣病予防や健康寿命の増進。

それを実現するために作られた認証制度にスマートミールがあります。

 

 

健康づくりに役立つ栄養バランスのとれた食事・環境に与えられる

スマートミール認証店。

のうカフェは埼玉県で3店舗しかない認証店です。

 

熊谷保健所さんの全面協力のもと、

代表的な5パターンの定食のカロリーや栄養成分の計算をして

平均値を出しました。

一食700㎉前後に収まることが分かり、

率直に和食って素晴らしいなと思いました。

和食の良さを家庭でも取り入れられるように、

親から子へ受け継がれる食の伝承を大切に、

そんな思いを込めて、

毎日の食事つくりや

季節のイベント企画をしています。